2014年3月4日火曜日

ホリエモンと与沢翼の違い


【堀江貴史さんと与沢翼さんの違い】

注:あくまで個人的見解です

基本的に世を騒がせるような人って好きです。憧れます。
ああいう人になりたいと思う…ようなそうでないような気もしますが(笑)
日本には必要な人達だと思います。

僕のイメージとしては
【堀江さん】は会社を日本一に大きくしようとした人、宇宙事業を進めてる人、
自分が面白いと思うことをやる人
というイメージです。
(ここでは触れませんが、ライブドア事件は擁護派…?
堀江さん自体をそこまで悪と思っていない。)
ライブドア時代は、会社を大きくしつつ、IT分野にかかわることで、
日本の技術を色々進歩させてくれたと思います。
孫正義さんとか堀江さんとか着眼点がするどいですよね。
ただ今は上記に書いたように自分の面白いと思ったことをやってるっていうイメージ。
自分にとっても便利なサービスを生み出すとか。
アプリの開発とかってそんなイメージです


ベストセラーのゼロを読みましたが、なんでか説得力あるんですよね
すごーく純なことが書いてあります。
批判するわけでは決してないんですが、彼がそこまで純な人かというと…(笑)
という感じはしますが、日本にとって必要な人じゃないかなーって思います
あと何年かしたらまた会社作れるらしいので、そのときの動きもすごく興味深いです!

【与沢翼さん】は
言葉だけで書くとすごーくイメージ悪いんですが
お金持ち、お金儲けのだけの人

という印象です(笑)
まだまだ実際にどんなことをしてるのかとか頭に入ってこない感じです。
でも最近ホームページを見ると、グループ企業でリクルートを募集しているのとか知って
すごいなぁと。

基本的に、お金ーっていうとイメージが悪いんですけど、
実際のとこ何がイメージ悪くさせてるのかって考えてみませんか?

生きていくには大体お金が必要ですし、
彼がお金もちなのは事実として、お金を使えば、消費税なりの税金もろもろは
日本という国に流れることになる。あるいはその物を売ったお店が儲かり…と。

犯罪を犯してなければ(法を犯してなければ?)お金儲けることは悪じゃないんですよね
悪なのは(経済社会の日本としては)お金を儲けて溜め込んでる方が悪なんですよ。

それに個人的に最近すごーく思うのは、(ちゃんとした)会社ってのはそれだけですごいな。と。
従業員を雇うということは、ちゃんと働けば、その人たちがちゃんと生活できるように保証ということ。
まぁだから与沢さんも、儲けたお金で、何人も何百人?も雇ってるわけだから
それだけで凄いことだと。あと会社として儲けてるなら法人税を払っているわけで
日本のためにもなる、と。

まぁ一番、興味深いのは、彼がその凄い儲けたお金で個人として遊ぶだけでなく
この先どんなことをしていくのかなぁってところですかね。
料亭?を買収したとかってのはひとまず、少し注目ですかね。




0 件のコメント:

コメントを投稿